現在のページ : トップページ

オリジナルの引き出物

結婚披露宴では、さまざまなお祝いをいただきます。
とてもおめでたい席であるということもありますが、感謝の気持ちをお返ししなければいけない瞬間でもあります。
引き出物は、こうした意味がありますが、本来は祝宴のお土産でした。
何かお祝いに頂くということが前提ではなく、来ていただいた方に感謝するのが引き出物なのです。
現在では、どこか勘違いされている人もいたりしますが、あくまでも来ていただいたことに対して感謝の気持ちを込めて返さなければいけません。
いただいた金額の多寡で返すものではないのです。

引き出物には、地方ごとに風習やしきたりがあります。
なんでもいいというわけではなく、決まり物は決まり物として考えなければ、失礼になってしまう事がありますので、注意もしなければいけないのです。

現在の引き出物に掛ける金額は、飲食費の1/3~1/2が相場になってきました。
さらに、本来の引き出物という考えに戻りつつあり、お祝いをいただいた方の属性に合わせて、それぞれ違った引き出物を考えることさえあるのです。
それも、かつて割れ物は、二人の縁も割れるという事で禁忌されていた食器などもこだわらずに贈るようになった背景もあるでしょう。
そんな中で、もっとオリジナル性の高い贈り物を考えるのも、一つの形になりつつあります。
形にこだわるのではなく、自分たちが贈ったものが本当に喜ばれるようにと考えた末ですが、ユニークなものも増えてきていますので、これからの参考にしてみてはいかがでしょうか。